電力自由化にするとコストダウンにも繋がる

家
  1. ホーム
  2. 電気代を節約するには

電気代を節約するには

家と電気会社

選べる会社は複数ある

2016年4月から、電力自由化が解禁され、決められた電力会社以外の会社からも電気の供給を受けられるようになりました。電力自由化に伴い、これまで電気専門で供給していた会社だけでなく、ガソリンやガス、もしくは通信会社などの他分野からの電力供給の参入が増加しており、注目を集めています。今後、別の電力会社との契約を考えている場合は、契約前に供給会社同士の比較を徹底的に行うことが大切になります。電力自由化で自分の家が契約を結べる会社は、基本的に複数あると考えて良いです。地方の田舎の地域であっても、いくつかの供給会社と契約できることが多いので、まずは自分の地域で契約できる会社にどんなのがあるか調べると良いでしょう。

安さとサービスを知る

様々な電力供給会社を比較する目的としては、一番に電気代の安さというメリットを受けるためです。会社によっては、これまで契約していた電力会社よりも基本料金や使用料が格段に安いものも多く、月々の電気代を比較して大きく変化が生まれる場合があります。また、電気を使用する時間帯によっては安くなるプランを提供している所もあり、それぞれの住環境に対応した契約の仕方を柔軟に選べるというのも利点です。また、電力自由化になった目的としては、供給会社間の競争を促すことで、独自の付随するサービスを展開させることができるという点にもあります。単に電気代の安さを比較するだけでなく、その会社の強みをアピールしたものを一緒に提供するといった、セットサービスで契約者を増やすのが狙いです。