電力自由化にするとコストダウンにも繋がる

ファミリー

電力小売の自由化

女性

電力の自由化とは

電力自由化とは、2016年4月に法律の改正に伴って限られた大手の電力会社だけでなく、様々な会社が電力を販売できるようになりました。これによって新たに電気を提供する会社も増えていき、ガスやガソリンを販売している業者や、携帯電話、インターネットプロバイダも参入しています。電力自由化は、一般的に広まる以前から大きなビルや工場を対象に始まっていました。なぜ2016年に突然始まったのかと言うと、2011年に起こった東日本大震災が大きく影響しています。東日本大震災によって電力が不足し、電気料金が上がって、電気会社の制度が見直されて、2016年に全面的に広まり、消費者は自分の生活に合ったサービスを行っている電力会社を選ぶことができるようになりました。

自由化のメリット

電力自由化になることでの最大メリットとしては、電気料金が安くなるということです。携帯料金やインターネット料金とセットにすることによって、以前の電気料金よりも安くなるという方が多いです。電気料金がどのくらい安くなるかを比較したサイトもたくさんあるため、そちらを参考にしてみても良いでしょう。また、ポイントやクーポンのサービスを行っている会社も多いので、以前契約していた会社よりもお得に利用することができます。電力自由化で電気料金が安くなりますが、電気の質が悪くなって停電などを心配する方も多いですが、そのようなことは一切起こらないとされています。契約している電力会社が止まってしまっても、他の電力会社が補う仕組みとなっているため、その点に関しては安心しても良いでしょう。

業者選びで失敗しないため

電気工事

同じ電気設備工事店でも、信頼のある大手と値段が安い個人の業者など、業者ごとに特徴は異なります。どういった基準で電気設備工事店を利用したいか決めることで、自分に合った業者を選びやすくなります。また選ぶときの参考になるため、利用者の口コミを調べるのも1つの手です。

バイオ燃料による発電

地球

再生可能エネルギーの中でも、あまり認知されていないものにはバイオガス発電が挙げられます。太陽光発電や風力発電と異なり、バイオ燃料をした時に発生したガスを使って発電させる方法です。

電気代を節約するには

家と電気会社

電力自由化に伴い、電力供給会社を自分で比較して選べるようになりました。契約できる会社は地域で異なりますが、どの地域でも契約可能な会社は複数あることが多いです。また、電力自由化の目的は、同業他社間の競争促進と、それに伴う付随サービスの多様化を図る点にあります。